2019年   コラーゲンを摂取しても、肌の状態は改善しない
コラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚や軟骨の細胞と細胞の間に存在し、組織の構造や柔軟性を保つうえで大切な役割を果たしています。加齢などが原因でコラーゲンが減少すると肌の弾力や張りが失われることから、とくに美容のためにコラーゲンを食べたり、肌に塗ったりするとよいといわれるようになりました。コラーゲンを摂取すると、すり傷が早く治ると説明した情報番組もあるようです。体内で不足している成分を外から補うことができたら、どんなによいでしょう。こうして、コラーゲンのサプリメントやドリンクなど、多くの商品を見かけるようになりました。しかし残念ながらうまくいきません。コラーゲンはアミノ酸がたくさんつながった鎖のような構造をしているので、口から取っても、そのままの形では吸収できません。消化酵素のよって、バラバラのアミノ酸にまで分解されて初めて吸収されます。食べたタンパク質を消化するというのはアミノ酸に分解することをいいます。吸収されたアミノ酸は全身に運ばれてタンパク質の材料になりますが、タンパク質には無数に種類があります。コラーゲンが分解されてできたアミノ酸がまたコラーゲンになるという決まりはないので、これらが再びコラーゲンに生まれかわる確率は極めて低いでしょう。国立健康栄養研究所は、これまでに日本で行われた厳密な研究をひととおり調査したうえで、コラーゲンの摂取で肌のうるおいや、きめの細かさ、しわの改善は見られなかったとしています。コラーゲンとよく似た問題があるのはヒアルロン酸やグルコサミンです。変形性ひざ関節症などの、関節の軟骨がすり減って起きる炎症と、それに伴う痛みを軽くするために、整形外科でこれらの成分を関節に直接注射するこがあります。しかし注射が有効だからといって、口から取っても同じとはいかないようです。ヒアルロン酸はコラーゲンと同じくバラバラに分解されて吸収されます。グルコサミンはそのまま吸収されるものの、全身をめぐる血液に溶け込んだグルコサミンが、目的とする関節に届いて集中的に作用する可能性は低いでしょう。ことに関節の軟骨には血管が少ないのでどんな成分も届きにくく、それが治癒の難しさにつながっています。健康食品を食べたり飲んだりするより先に、体重を落として関節への負担を減らすほうが確実と思われます。体内でコラーゲンを合成するにはビタミンCが必要です。タバコの煙にはビタミンCを分解する成分が含まれているため、喫煙するとコラーゲンが減ってしまいます。そのため、喫煙者はタバコを吸わない人に比べてビタミンCを1.4倍多く摂取する必要があります。また、空から降り注ぐ紫外線はコラーゲンを破壊し、肌を老化させます。肌の弾力を守りたいなら、しっかり紫外線対策をして禁煙し、ビタミンCを食事から十分摂取してください。なお、紫外線を浴びると体内でビタミンDが合成されます。ビタミンDはカルシウムが骨に付着させるために必要なビタミンです。極端に紫外線を防ぐと骨粗鬆症になりますのでそれにも注意が必要です。さて、コラーゲンを口から入れて駄目なら塗ってみるということで、コラーゲンが入った化粧品を使うのはどうでしょうか。残念ながら、コラーゲンが皮膚にしみこむことはありません。皮膚は極めて丈夫な組織で、外部の物質が簡単には侵入できないようになっています。コラーゲンはタンパク質のなかでも大きな構造をしており、皮膚を通過できません。でも、意味がないわけではないのです。コラーゲンには水をかかえ込む性質があるので、皮膚を保湿して肌のきめを整えるのに役立ちます。これがコラーゲン入り化粧品の美肌効果の正体です。

EPAとDHAのサプリメントの広告に注意
全国的に有名な会社でEPAやDHAの広告がテレビや新聞によくみかけます。確かにEPAやDHAは最近脚光を浴びている健康成分でNHKでもたびたび放送されています。EPAは中性脂肪を低下させて、赤血球の変形能をアップさせ、血栓を予防するなどの血液のサラサラ効果があります。最近の研究ではEPAは善玉コレステロールの質を高め、悪玉コレステロールを回収する能力を高めることがNHKでも放映されました。DHAは目の網膜や脳の海馬に多く含まれており、視力低下防止や健脳効果があるといわれています。DHAは摂取するとブドウ糖と同じように脳血液関門を通過して目的の細胞に運ばれます。さて、問題なのは1日に必要なEPAとDHAを摂取するにはマグロの刺身をこれだけ沢山たべなければならないが、このサプリメントで十分なEPAとDHAを摂取できるという広告です。広告事体は間違っていません。しかし比較対照をマグロの赤身を採用していることです。魚ならどれでもEPAやDHAが豊富なわけではありません。比較対照をサバやサンマやイワシなどの青魚とするとこういうわけにはいきません。サンマ1尾たべればEPAとDHAの必要量の2日分が取れます。しかも安価に購入できます。サバの水煮缶詰を丸ごと食べれば、EPAとDHAがたっぷり摂取できてカルシウムも十分摂取できます。大手スーパーや業務スーパーでは1缶100円程度で販売されています。サプリメントの広告には費用対効果も考慮して購入には注意しましょう。
▲top
CGI-design